HOME > 平成31年度ページ一覧 > Q&Aトップ > Q&A

Q&A

キーワード:点検措置

1.事業内容

構造躯体等の劣化対策

Q
木造住宅のバルコニー下に居室がある場合等、小屋裏に該当する部分には断熱材が充填されている状態でも、小屋裏点検口が必要か。
A
断熱材等で充填された小屋裏、床下であっても、点検を行えることが必要です。
外壁に近い部分、水回り等、湿気が高くなりやすい部分に、点検口を設けてください。